住宅ローンのご相談

ローンに関するお悩み、諦めないでご相談ください

ご自身で悩んでも、銀行や住宅ローンの仕組みを理解していない不動産業者にいくら相談されても解決はできません。
オーケーハウジングでは、上記のような悩みをお持ちのお客様に全てお答えいたします。相談は何回でも無料です。
是非お気軽にご相談ください

住宅ローン お悩み相談の流れ

ステップ1

メールかお電話にてお問い合わせください。

ステップ2

アドバイザーが適切なアドバイスをいたします。

ステップ3

お客様のご相談内容に基づき、様々なアドバイスの上、
可能性のある方はご依頼を承ります。

ステップ4

実際の住宅ローン審査を金融機関に持ち込み、OKが取れれば物件の契約をして頂き、
住宅ローン実行時に仲介手数料とローン事務手数料を頂きます。
万一、ご希望に添えない場合は一切料金を頂きません。

住宅ローンの延滞

埼玉県の各裁判所において、競売開始決定通知が毎月約400件ほど出ているのが現状です。
住宅ローン延滞が始まると約3ヶ月~6ヶ月位で競売開始の手続きが進められます。
競売になってしまうと、落札者から強制的に退去を促され、裸一貫で追い出されてしまいます。
そうなる前に、信用できる業者に相談されるのが賢明です。

住宅ローンの延滞問題は時間との勝負ですので、ご相談はお早めにされた方がより良い解決策を講じることができます。
当社はそんな方々のご相談を幅広く受け付けております。

お客さまに解りやすく何度でも「住宅ローンの仕組み」についてアドバイスを差し上げ、より良い解決策をご提案致します。

住宅ローンを延滞すると…

生活状況を再チェック
(面倒でもキャッシュフロー表まで作成することをお勧めします)

住宅ローンの支払方法の見直しをする

個人版民事再生「住宅ローン特則」を検討する

通常、住宅ローンの返済を3~6ケ月間滞納すると「期限の利益の喪失」となります。
間違っても、消費者金融などで借り入れして返済はしないでください。

キャッシングの借入れが多い場合、任意売却して残債務について5,000円程度で話がまとまっても、生活状況が悪化する一途で、自己破産するしか道がなくなってしまうかもしれません。

ですから、3ヶ月、半年と延滞が進むにつれて、選ぶ道が少なくなってきてしまいます。

競売になってしまうと…

●市場より大幅に安い価格で売却されることにより、債務が多く残ってしまう。
●近隣住民に、競売に掛けられていることを知られるおそれがある。
●売却され、購入者が決まると退去しなければならないが、引越代金等の費用は一切貰えない。
●強制退去を命ぜられる場合もある。

競売より有利に売却が可能な解決方法、それが任意売却です。
ご相談はお早めに!!

お問い合わせはこちら
株式会社
オーケーハウジング
罫線

株式会社オーケーハウジング
八潮市中央2丁目20-19
TEL:048-997-7701
FAX:048-997-7705
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

お問い合わせはこちら